CRF協会について

あいさつ・概要

あいさつ

CRF協会会長 市田 正成

いつまでも若々しくいたい、失った機能を回復したい、とは誰もが夢描く事だと思います。「ご自身の組織の再生」このテーマは、私たち医師が長年研究し、今日でも医学会で討論されている壮大な内容であります。
しかし、培養(細胞をシャーレ内で増殖させる)の問題、コンタミネーション(細胞に他の物質が混じり合う)の問題、それらに伴う倫理観の問題など、医療として行うにはまだまだ越えなければならない課題が山積みです。
今回、世界と日本の医学者が共に研究を進め、数年に渡り検証を行ったCRF療法は、これらの問題を解決し、私たち医師がエビデンス(裏付け)のある治療方法として提供できる最新の自家組織医療だと言えます。CRF療法を理解いただき、「日本医療脂肪移植研究会」へ多くの医師が参加し、更なる研究と検証を行いたいと思います。

協会概要

CRF協会は医師によって組織される「日本医療脂肪幹細胞研究会」に属し、脂肪採取から注入までの全く新しい技術である「コンデンスリッチファット」を正しく説明し、そのプロセスを理解していただく為の協会です

CRF協会は医師によって組織される「日本医療脂肪移植研究会」に属し、脂肪採取から注入までの全く新しい技術である「コンデンスリッチファット」を正しく説明し、そのプロセスを理解していただく為の協会です。
医療現場において行われる治療は、医師の診断と裁量によって決定され、行われています。そしてその治療は日々進化していると言っても過言ではありません。
CRF協会は、世界で再生医療を研究し検証している医師らが組織する「国際脂肪幹細胞研究会」と連携を保つ「日本医療脂肪移植研究会」により、現在も日々研究され、更に最良の条件にて治療されるべき再生医療について常に会合が開かれ話し合った上で決定される「多くの医師の裁量」と言う判断のうえに成り立っています。
言い換えますと、時に医師個人の裁量に進みがちな新しい治療方法について、厳しいガイドラインを設けるものがCRF協会です。
CRF協会では、「コンデンスリッチファット」技術が他の違った療法と混同されず、正しく広まる事を第一義に考えつつ、常に実験や臨床においてもテーマを持ち研鑽を続けて参ります。 患者さんが安心して受けられる治療、将来に渡ってQOL(質の高い生活)に満足いただける治療を医師が中心になってお互いに意見を出し合い達成していく為の医療協会です。