CRF療法に用いる製品・部材は医療機器認証を受けました。

悪質な施術からお守りするために CRF協会の取り組み

  • CRF認証シールの発行
    当協会では、正規のプロセスでコンデンスリッチファット(CRF)療法を提供する医療機関にその証となる認証シールを発行。類似施術との区別を明確にすることで、安全なサービスの普及に努めています。
  • 認可クリニック情報の開示
    認証シールの偽造を防止するとともに、本当に認められた施設かどうかについて患者様にも認識いただけるよう、当協会の採用医療機関の情報を公開、確認できるシステムを導入しております。
  • 正規プロセス証明書の作成
    きちんと正規のプロセスが踏まれているかどうか、患者様は施術中に確認することはできません。その不安を解消するため、正しい工程でなければ作成できない証明書の発行を義務づけています。

シリアルナンバー確認システム

シリアルナンバー確認システム

術後にさらなる安心をお届けするため、2014年2月から随時、正規プロセス証明書に貼付けられる証明シールをシリアルナンバー入りのものに移行。そのナンバーを利用して、受けた施術が正規のものかどうかをご自身で確認できるシステムを構築しました。

コンデンスリッチファット(CRF)療法とは?

特殊な工程で濃縮した自己脂肪を活用することで、高い安全性と効果を確保したCRF療法には、2種類の注入素材があります。

あいさつ

CRF療法は、裏付けのある治療方法として提供できる、最新の自家組織医療と言えます。当協会は正しい普及を第一に、臨床においてもテーマを持った研鑽を続けていきます。

CRF協会会長 市田 正成

国内の活動予定

日本国内で開催予定のCRF療法に関する様々な活動をご紹介します。

  1. コンデンスリッチファット注入&ベイザー脂肪吸引 ハンズオンセミナー
    コンデンスリッチファット注入&ベイザー脂肪吸引 ハンズオンセミナー
    2016.10.05
重要
コンデンスリッチファット療法を受けられる患者様へ
術前に発行の有無をご確認されることをおすすめします。 施術される前にお読みください